JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)というディフェンシブ銘柄でさえ、この先はどうなってるから分からない

スポンサーリンク

f:id:syumikun:20181215100338p:plain

 

よくおすすめされてるディフェンシブ銘柄の一つJNJ。

 

この銘柄は高配当・株価はここ数年右肩上がりで外国銘柄の中でも人気。

 

 

実は私も持ってた。その当時は配当銘柄を基本に集めてたけど、1年くらい前に売った。

けど優良銘柄だし、気が向いたら買おうかなとか思ってた、その矢先に問題が浮上↓

 

個別銘柄では、医薬品・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)が10%急落。同社がベビーパウダーにアスベストが含まれていたことを数十年間把握していたとのロイター報道を嫌気した。ロイターが入手した文書によると、同社は1970年代から原料滑石(タルク)の試験でアスベストが見つかったことを米食品医薬品局(FDA)に報告しなかった。タルク問題の記述は57─58年時点までさかのぼる。

https://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN1OD2PV

 

 

どんなに堅いと言われる銘柄でも何かしら問題が起きれば瞬く間に崩壊しかねない。

医薬品・日用品でトップに立っていると言っても良いJNJでこの問題は致命傷。

この株の下落でダウも大幅に下落。

 

1つの銘柄に集中投資は怖い。

 

 

 

 

 

こういう不安がないのがVTI、S$P500の良いところこのETFを買うだけで幅広く分散投資ができる。

一つの銘柄がダメでもそれを除外して改めて構成しなおす。これらETFが0円になることは無いと言っても過言ではない。

 

 

 

このような問題が出るたびにETFに投資して良かったなと思える。

 

 

 

 

というわけで海外個別銘柄に投資するならS&P500かVTI(日本円なら楽天VTI)に投資するのをオススメする。